<   2015年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

いわゆる盆と正月がいっぺんに来たような能登モントレージャズフェス

中学一年生の時に出会った最初のジャズは日野皓正クインテット。
吹奏楽のクラ吹きの友達がリードを買いに行くというので付いていったのが今は無きヤマハ渋谷店。
普段のファーストフロアはLPフロアだったが、その時偶然に臨時改装してライブコンサートをやっていた。
フォークバンドとロックバンド、そして最後のバンドが日野クインテットだった。
歌や振り付けを合わせてパフォーマンスする二つのバンドと全く違うのが、日野クインテットのそれぞれメンバーの立ち居振る舞いだった。日野さんはロンドンブーツにパンタロン、長髪にサングラスで海老反りになって白いフリューゲルホルンでハイノートを連発、テナーの村岡健さんは逆に微動だにせずネチネチと音を織り込み(同じく白いテナー!)、ピアノのコルゲンさんはピアノに突っ伏し、ドラムの日野元彦さんは猫背で獲物を狙うが如くで、時々何事か捕まえてはニコリとする。ベースの稲葉国光さんはひたすら超然として仏像のようだった。
そんな五者五様の個性が勝手に飛んだりまとまったりするのが面白くてこの初体験の音楽に一気に引き込まれた。
中学生の分際でヒッピー文化がジャズ界にも浸透していた渋谷のオスカーやら新宿タローやらピットイン等のライブハウスにしょっちゅう短パンのまま出入りしていた。線香が充満している店もあった。
追っかけるミュージシャンは殆ど日野さんだった。日野さんがラッパからつば抜きするしぐささえ愛しくて,その飛まつを浴びる最前列で聴くのが好きだった。ドラムとサックスを始めていた自分はいつの日かこのバンドに加入するのだと心に決めていた。
約20年後、日野さんにスカウトされて念願だった入団が叶う。

高校2年の時、初めて携行できるレコーダーが発明された。ソニーのカセットデンスケ。
非常に重いその機材を持って金沢の宝生流能楽や輪島朝市や波の音、最後に御陣乗太鼓を録音した。特に御陣乗太鼓の迫力に圧倒された。太鼓一台という潔さ、入れ替わり立ち変わりソリストが代わる個性、見栄をきる仕草などにジャズを感じてしまった。(去年初体験したゲタ夫さんはロックだ!と仰ってた。それもよく分かる)御陣乗太鼓とも必ず競演するぞ!と誓った。あれから40年以上もかかってひょんなことから能登七尾の5スポットのマスター、西川さんがキューピットとなって頂いてピンクボンゴとの悲願のコラボレーションが去年七尾のアートホールで実現した。

大和民族の静と動のパワーを表現した我がオリジナル「スサノオ」で御陣乗太鼓を曲中曲として演出するのだが、今回の能登モントレーのステージではさらに積極的に絡んでコラボ感が進化した。

日野さんのステージでは最後の曲で日野さんの手招きで乱入させていただいた。
日野さんのTpは衰え知らず。そしてそのリーダーシップやアスリートのような反射神経は今尚健在で本当に恐れ入る。

日野バンド退団後は、自分らしさを求めた形がピンクボンゴに集約されたが、能登モントレージャズフェス2015は私の角度から観ると、「宮本大路の人生」がある意味集約されたようなハレの舞台となった。

日野さんや御陣乗の北岡さんはもちろん、プロデューサーの白石さん、キューピッドの西川さん、ピンクボンゴのメンバー、そしてこの夢の舞台に立ち会ってくれた生き証人の濃いファンやお客様に深く感謝する。





*~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*
[PR]

by DAIROBARIBARI | 2015-07-28 00:52 | 大ARY  

あの映画をもう一度

割と映画は観る方だと思う。タイムリーに映画館へ、とはいかなくてもTSUTAYAで新作、準新作や話題作の6~70%位は観てるんではないか。
最近はCGはどんどん進んでいるし、展開のスピードは大概小気味良いから、恐ろしく退屈する映画には滅多に出くわさないのだが、胸に響く作品となると、むしろ昔の方が多かったんじゃないか、と感じる。
そんなわけで、老い先短いこの人生、感動で揺さぶられた名作をアンコール視聴していこうと決めた。
誰でも最高に好きな作品というのは多かれ少なかれ有るはずだが、それでも5回以上は観てる!という作品は何本も無いのではないか。おそらく4~5回以上観たという超お気に入りは数作で、2~3度観た、という作品の方が割りと多数あるのではないかと推測する。

黒澤明の「七人の侍」、フランシス・コッポラの「ゴッドファーザー」、チャールトン・ヘストン主演の「猿の惑星」、フェデリコ・フェリー二の「道」、ヒッチコックの「鳥」、ジャック・ニコルソン主演の「カッコーの巣の上で」、ダスティン・ホフマン主演の「真夜中のカウボーイ」、クリント・イーストウッドの「許されざる者」、リュック・ベンソンの「レオン」etc.この辺りは何度も何度も観て、もう充分なのだが、一回だけ(多くて二回)観て衝撃を受けたが、それ以来観ていない作品をこの際リピートしてみようと思った。

その栄えある<あの映画をもう一度>シリーズの一本目は「危険な情事」(マイケル・ダグラス主演)
20年以上前に本作を観て、映画だけでトラウマになった筈だったのだが…(苦笑)、今回もう一度観て完全に萎えた(爆)。はい、もう、その代償はただごとではないことがよ~く分かりました。。。はい。すみません。
二本目はスティーヴン・キング原作「ショーシャンクの空に」。
主演はティム・ロビンスとモーガン・フリーマン。20年振りに会ってもスっと心開いて静かに話せる親友の様な映画だ。そうそう。こうやって静かに感動する映画が少なくなってきたように思うのだ。

自分はドラマでも戦争モノでもSFでも恋愛モノでもアクション系スポーツ系でもなんでもOKなのだが、次はどの辺から攻めようかな。







*~~~*~~~~*~~~*~~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*
[PR]

by DAIROBARIBARI | 2015-07-19 00:15 | 大ARY  

2015/9~12月

■リー・リトナーwith TOKYO HORNS
9/6(日)東京JAZZ/国際フォーラム

■熱帯JAZZ楽団
9/11(金) 大阪サンケイホール・ブリーゼ
9/12(土) 広島三原市芸術文化センター
9/25(金) 札幌市民会館

■木幡光邦923ビッグバンド
9/24(木) 赤坂B♭

■熱帯JAZZ楽団
10/3(土) 所沢
10/7(水) 新宿文化センター
10/18(日)一関

■北原雅彦「北ジャズクインテット」
10/4(日) 関内かもめ

■エリック宮城EMバンド
10/9(金)福井フェニックス・ホール

■PINKBONGO”天高くピンボン肥ゆる秋ツアー”
10/20(火)赤坂B♭
10/21(水)いわきThe Queen
10/22(木)仙台enn2nd
10/23(金)水戸 自由が丘スタヂオ

■スーパーマルチーズ”ミステリー・ロマン/職質逃れて北へ消えたのは誰?ツアー”
10/27(火)佐野bar Ken
10/28(水)石巻N's Square
10/29(木)仙台 ビレヴァン
10/30(金)酒田 マリーン5清水屋
10/31(土)水戸 自由が丘スタヂオ

■守屋純子オーケストラ
10/25(日)浜松ジャズ・ウィーク(15:25~16:45)

■11/3(日) 春日部ブラス・ジャンボリー(一般参加型最大級吹奏楽) 大路ゲスト出演/春日部CUBE

■11/7(土) 大路門下生発表会 13:00~/八丁堀Play with

■PINKBONGO ”天高くピンボン肥ゆる秋ツアー・後半戦”(詳細はPINKBONGO HP参照)
11/12 (木)松山モンク
11/13 (金)徳島
11/14 (土)昼・大阪にて大路サックスクリニック/夜・ピンクボンゴ選抜メンバーによる投げ銭ライブ@
Gallerly Nu-Vu 19:00
11/15 (日)名古屋キャバレロクラブ
11/16 (月)和歌山デサフィナード
11/17 (火)大阪ロイヤルホース

■11/23 (月)エリック宮城スペシャルビッグバンドin旭川

■11/25 (水)木幡光邦923ビッグバンド@赤坂B♭/19:30

■11/28 (土)スーパーマルチーズ/子供JAZZ

■11/29 (日)熱帯JAZZ楽団20周年記念コンサート@みなとみらい

■11/30 (月)佐々木昭雄オルガン カルテット/渋谷エレクトーンシティ

■12/10 (木)エリック宮城EMバンドin大阪

■12/17 (木)PINKBONGO@春日部エバーチャイルド(PINKBONGO HP詳細参照)
■12/18 (金)J-Brassフェスティバル/マスカルテットVS.PINKBONGO@赤坂B♭

■12/20 (日)サックスカルテット”SHADOWS”大路ゲスト出演/J-brassフェスティバル大田区民センター
大ホール

■12/25 (金)クロスカウンター・クリスマスLIVE@赤坂B♭

■12/26 (土)守屋純子オーケストラ@岡崎市りぶらホール

■12/28 (月)熱帯JAZZ楽団・忘年会ライブ(サックスセクション旧メンバー勢揃い)@ブルーノート東京












*~~~~~*~~~~~~~*~~~~~~~*~~~~~~~*~~~~~~*
[PR]

by DAIROBARIBARI | 2015-07-09 04:07 | ライブスケジュール  

熱帯ジャズ楽団20周年記念コンサート

熱帯ジャズ楽団20周年記念コンサート。

伝統の東京文化会館大ホール、ソールドアウトをステージ側から観るのは圧巻。
先日のオーチャードホールも満席だったけれど…無料だったからな。
プレイヤーが一丸となってステージ上ではち切れて、客席も呼応して揺れる。ミュージシャン冥利に尽きる幸せだ。
オレは筆まめな方だから、FBの反応などもメンバーの一員として感謝のメッセージを書く。
リーダーでも広報部でもないのに出過ぎたことかな、とチラっと頭をよぎるが、ピンクボンゴでも樹麻クンが適切な対応してくれているのを見ると感謝の念しか湧かないから、ヨシ!これでいいのだ、と信じる。

現ダイエー監督の工藤氏が現役時代、ダイエーから巨人に移籍する時に17万人の移籍引止め嘆願書を手紙で受け取った。その感動と感謝を表すのに奥さんの勧めで、住所と宛名は自筆で全員にお礼状を書いた。書き終えるのになんと7年かかったそうだ。しかも巨人時代は立場を考えて、このことは一切公表を控えていたそうだ。

感謝の気持ちを持つことは大事なこと。それを伝えることはもういっちょうパワーを使うこと。










*****~~~~~~~~**********~~~~~~~~********
[PR]

by DAIROBARIBARI | 2015-07-05 02:04 | 大ARY