<   2014年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

ピンクボンゴツアー

6月中旬からスタートした久々のピンクボンゴ・ツアーは概ね大成功/大盛況だった。
開幕の春日部はピンクボンゴの聖地(スポンサーの地元)ということもあり、初日の緊張が和らいだ。
今回メニューはCDのコンセプトと相まって、ストレートジャズ&ストレートラテンジャズのプログラム。
カポネのムード歌謡だってジャズのカテゴリーで聴いてもらいたかったから、お笑い的なウケなど無くても全然構わない方針で貫いた。
とはいえ、老舗の下丸子ジャズ倶楽部等の初出演用にグランドメニューも用意した。下丸子では既成のユニットが出るのは初めてのケースなので、主催者は当初、集客や反応に憂慮したそうだが、結果は杞憂に終わり、200近い満員御礼の上、常連のお客さんの圧倒的な支持を得た。司会であり、オレが唯一尊敬する評論家の瀬川さんは最後の方では陽気に鼻歌を唄い出し超ゴキゲンだった♪♪
能登では高校2年の時に出会い衝撃を受けた御陣乗太鼓との共演という40年越しの悲願を達成した。
七尾美術館アートホール、ソールドアウト。
演奏中、クライマックスに達した時、幸せのあまり、もう死んでもいいや、とさえ思ったが、演奏フィニッシュ後の割れんばかりの拍手と反応に、「あ。これはもっともっとたくさんの人にこのコラボを知らしめたい」と欲が出た。来年も挑戦するぞ。
能登もそうだったが、尼崎のアローなど、女性ファンの圧倒的な比率に驚き、またシリアスな直球勝負のジャズ系演目に女性ファンがしっかり受け止めてくれることに素直に手応えを感じた。その後も和歌山、四日市、千秋楽の浜松の雪月花までぎっしり満席のお客様が盛り上がってくれた。
その盛り上がり方の質はこれまでとは違う上質なジェントルな空気感だった。
CDの売り上げも極めて好調の、今季第一回目のツアーとしては上々の滑り出しとなった。感謝。

さて、滞っていたレッスンやらリハをギュウギュウにこなして、いよいよ今週木曜から4~5日スイス・モントルージャズフェスに出演してくる。エリック宮城・指揮ブルーノートジャズオールスターズビッグバンド・フィーチャーリング小野リサ。

旅は続く。






*~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*
[PR]

by DAIROBARIBARI | 2014-07-07 02:02 | 大ARY