<   2013年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

ぶん殴ったル!

もしも目の前に現れたら迷わず渾身のパンチを顔面にお見舞いする。
それは、

NPB加藤良三コミッショナー。恥を知れ★

このような魂を失った輩が上にいるから、日本がダメになっていく。
たがが野球されど野球。バットとグラブを持った侍達が可愛そうだ。
「加藤良三コミッショナー」と書かれたボールを握らなければならない屈辱を考えると。




*~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*
[PR]

by DAIROBARIBARI | 2013-06-14 22:23 | 大ARY  

失敗は財産

エリックEMバンドin長野の僅かな間隙を突いて昨日はレッスン、今日は埼玉吹奏楽祭
第38回東部支部吹奏楽研究発表会の講評&ゲスト演奏で久喜総合文化会館大ホールに
行ってきた。
殆どが中学のブラバンで20校ほど。
講評の仕事なんて初めてのことなので勝手がわからず、なにやらハスに構えて小難しいことでも
言わなにゃならんのかな、と始まるまで若干気が重かった。
ところが本番が始まったら、霧に覆われていた耳と目と心はまたたくまに晴れていった。
オープニングの子供達の演奏は極限状態の緊張からなのか、音はまともに出ず、トータルにお世辞にも良いとは言えず、また他の中学もフォルテでは何とかなってもピアニシモで楽器を操縦できず四苦八苦していたり、また逆に奏法が安定していて打楽器チームとのバランスが絶妙なバンドも有ったし、第五福竜丸の事件を元に政治性のアピールが真摯に響く高度な演奏力のあるチームも有った。
ダメダメなのも素晴らしいのも含めてビンビン伝わってきて、もう既に涙でボロボロだ。
その後も団員がパーカッションに持ち替えたり、踊ったり楽しさ満載のユニットもあるし、
やはりここでも和泉宏隆氏の「宝島」も登場して嬉しかったし、と思えば、
パフォーマンスに走らない「吹奏楽の良心」ともいえるマーチ系のスタンダードに徹している
学校もあり、とても爽やかだったし、熱帯JAZZ楽団のファンだという最後のクラスの演奏では
マイケルジャクソンのドントストップ~に於けるオレのソロをコピーしているバリトンサックスの
スタンドプレーが微笑ましかった。

彼等の演奏を見て、自分の原点を見た。
そうだったな。
40数年前、全てはここから始まったのだった。
失敗の挫折感、孤独感、恐怖心。
全員で共有する達成感
ソロで上手くいった時の優越感。
上手いソリストをそっと見上げる劣等感。

演目全てが終わり、
鈴木先生の講評はアンサンブルについてやんわりと手厳しい内容(もちろん的を得ている!)
秋山先生の講評は楽器の技術的なアドバイスをされていた(これも正しい!)しかもその後の
クラリネットソロも落ち着いていらして素晴らしかった。

自分の番になった時、これはもう紹介されたらすぐ演奏するしかないな、と袖から
ゆっくり吹きながらセンターに進んだ。
ひとしきり演奏を終えると、
「失敗しても大丈夫」なことを伝えた。
天下のカーネギーホールでクラリネットソロのピークで痛恨のリードミスを犯し、
以後トラウマで手が震えて楽器が持てない時期もあったけれど、今はこうして
熱帯JAZZ楽団やエリック宮城EMバンドの様な第一線の仲間と一緒に元気に音楽人生を過ごしている。
ブラバン時代もプロになってからも、
中学生の皆と同じように、懲りずに失敗を重ねてきた。
でもその度に自分で立ち直り、手を貸してくれれば捉まったし、
誰かがミスしたら、帳尻合わせてゴールに向かったのだ。

高校に大学に進学しても就職しても
失敗の度に自分で立ち上がり、誰かに助けてもらい、
同じ目に合っている人がいたら助けてあげればいい。
この経験は必ず生きる。

失敗は財産だと思うんだ。その財産を活用できれば次の扉の鍵になるのだ。
そのまま何もしなければ、ただの失敗のゴミの山のままだ。

今日は自分の原点を確認し、前向きにさせてくれる有り難い仕事だった。
紹介して頂いた花咲徳栄の川口先生、今回知り合った鈴木先生、秋山先生、
松原先生、岸先生、そして無名戦士の中学生諸君に心から感謝したい。


*~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*
[PR]

by DAIROBARIBARI | 2013-06-10 02:34 | 大ARY  

高校生芸術鑑賞会in長野

今月6月はエリック宮城EMバンドで殆ど長野暮らし。
延べ1万5千だか1万7千人だかの高校生にJAZZを聴かせるのだ。
本番中に寝ている学生や先生(言語道断!先生がだぜ…)もいるのだが、概ね9割以上は
かなり真剣に聴いているのが伝わってくる。

学生が音を選んで我々が即興で音楽を組み立てるコーナーや、学生をステージに呼び込んで
即席シェーカー(スタッフに缶コーヒーに米や小豆を入れて大量に作ってもらった)を
振らせたり踊らせたり(大路ボイパ=ガッコーシュウショクサツタバ♪も再開)、佐野の指笛教室やジャズの歴史をメンバーの裏芸(純子ちゃんのチューバ、木幡のギターやオレのスネアドラム)も駆使してメドレーに仕立て上げたり等々大変盛り上がった。合間合間のエリックのエピソード、例えばハワイで友達と海で遊泳中、サメに囲まれた時、2頭のイルカが助けてくれた話や、高校時代、両親の不仲からグレて不登校に陥っていたがトランペットがいつも傍にあった話等、高校生オーディエンスを惹きつけるに足る要素が満載だった。

彼等の親父お袋世代にあたる我々は手を抜かず渾身の演奏をする。責任があるのだ。

そして、何十年も一緒に演奏している第一線の仲間たちとこうして毎日を過ごすのは素晴らしいこと☆

早朝に起きて毎日2ステージをこなし、三食食べて運動し、軽く呑んで12時前にはベッドに入る超健康的な毎日が続く。
(パターンが違うからかえって疲れるのだが…/笑)


*~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*
[PR]

by DAIROBARIBARI | 2013-06-07 22:12 | 大ARY  

大路6~7月のライブ情報です。


6/25大路+北原雅彦スーパーファンクデュオ@高田馬場HOT HOUSE@21:00~
(今夜も酸欠満員、有り難うございました。両者とも新曲披露)

6/26スーパースリーサックス@神田TUC/19:30~
(レギュラードラマーが入れ替わって以来の初ライブ。進境著しい近藤和彦氏!)

6/28ピンクボンゴ+和泉宏隆@高崎JAMMERS/19:30~
(和泉氏とのコラボライブの集大成が結実しました。)

6/29クロスカウンター@小岩FULL HOUSE/20:00~
(誕生日を数日前に迎えたマスターきよしさんへのリクエストはお店で働いているみゅうさんから。
WHAT A WONDERFUL WORLD,そしてバースデイソング)

6/30熱帯JAZZ楽団@東京文化会館/15:30~
(クラシックの殿堂の大ホールが1500超満席!!!!そしてステージでは健康世代のツワモノどもが皆失笑するほど元気元気!)

7/12金城組bigband@赤坂B♭/19:30 ~
(譜面を読むので精一杯の高速ソリ、オンパレードのビッグバンド。佐藤達哉氏とのテナーバトル
で気を吐いた竹野君に好感/満員御礼/鈴木マスター復活おめでとうございます♪)

7/14大路+佐野聡@高田馬場HOT HOUSE/21:00~
(超満員御礼!最多集客動員記録を更新!)

7/26大路+新澤健一郎Pf.@高田馬場HOT HOUSE/21:00~
(新澤君のクリスタルで的確なピアノサウンド。すごくフィットして気持ちよかったな。私の新弟子の通称テナ子ちゃんが14日以来アキさんに気に入られてチーママ状態で毎日出勤?している/笑)

7/27熱帯JAZZ楽団@相模女子大グリーンホール/18:30~
(土壇場で盛況と相成り、ステージ上も盛りだくさんのメニュー!まさしく灼熱☆)

7/28大路サックスクリニック@ヤマハ浜松(かじまちヤマハホール)13:30~/受講料2000円♪♪♪
(初心者ウエルカムの大路クリニックですが、今回は土地柄からか参加者のレベルが高かったです)

7/31ピンクボンゴ@NHKセッション2013/NHKふれあいホール/18:30~20:15
(メインボーカル曲禁止/インスト・ジャズの番組方針のため苦肉のメニュー作りに腐心。
懲りずに怪しいオヤジコーラスOKを勝ち取る/笑)
[PR]

by DAIROBARIBARI | 2013-06-01 00:00 | ライブスケジュール