陽はまた昇る2

2月は予め自分でブッキングしていたとはいえ、プライベートレッスン、教室仕事、ビッグバンド、ジャムセッションのホスト仕事、楽器選定、原稿書き、スタジオ仕事も躊躇なくまた舞い込んでくるようになり、しかもどれもこれも殆ど座って仕事が出来るのが非常に助かった。10分立っているのも苦痛だったからな。
プレッシャーのかかっていた3月早々のピンクボンゴのライブハウス仕事、熱帯ジャズ楽団のツアー、バリトンとテナー、キャリー担いでの敦賀気比高校吹奏楽部定期演奏会ゲスト演奏に向けての一人行脚や月末のピンクボンゴ九州フライトツアーなどもこなせるようになった。なんといっても椅子無しで長時間立奏できるように回復したのが嬉しい。それもこれもミュージシャンを筆頭に仲間たちや温かいオーディエンスやスタッフに理解され励まされ、熱い反応を受け、あたかも魔法の絨毯に乗せられた様に飛ぶことができた。皆に感謝し、またそういう風に体調の回復と自分で仕込んであったとはいえ絶妙の仕事の負荷の上げ幅と家族を筆頭に回りの支援に支えられてきた「機運」という目に見えないものの力、神様の思し召しに深く感謝する。
4月もピンクボンゴの岡山仕事や家族サービスで万座温泉などに行き、そして二ヵ月ぶりの主治医によるCTや血液検査でも異常無し「花丸!」の合格サインが出た。
最強のサイボーグとなって人生ラストスパート、再発進!







*~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*
[PR]

by DAIROBARIBARI | 2015-04-10 12:37  

<< 熱帯ジャズ楽団20周年記念コンサート 陽はまた昇る >>