オリビア エステファン

ストリングス、ブラス&サックス+木管セクション、ラテンパーカッション多数のリズムセクション、コーラス隊、フルオーケストラをバックのオリビア エステファンのフランスでのコンサート。ラテン有り、ジャズスタンダード満載の上、重厚なアレンジで素晴らしかったな。
時々挟まれるサックスのソロやピアノソロ、ヴァイオリンソロもクォリティが非常に高い。

そんなステージを見ながらつい感慨深くなる。
素晴らしい歌姫のバックで淡々と務める兵隊仕事も本当に幸せなものなんだよな☆

ささやかながら自分の曲、自分のアレンジを気に入ったメンバーで育んで発信していくリーダー仕事。
ファーストコールのソリストとして席が用意されたビッグバンド仕事。
駒数として配置されたオーケストラ仕事も無名戦士として100万回やったCMやレコーディング仕事もどれもこれも楽しくやってきた。
楽器を吹けるだけで幸せだし、頭数として参加した仕事でも看板のパフォーマンスが素晴らしければ、それを垣間見つつそっと涙を流して淡々と譜面を吹いてきた。
それでいい。

オレは死ぬまでホーンマン。たまにドラムも叩くけど。






*~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*

by DAIROBARIBARI | 2014-12-29 01:17 | 大ARY  

<< 増補改訂版/DAIRO'... 久々のピンクボンゴ・ライブ@赤坂B♭ >>