パットメセニー

パットメセニーの音楽は好きだしCDも持っているのだが…、
噂に聞いてたモノホンの楽器を使った自動演奏(なんとかっていうネーミングあるんだよね?)ライブをテレビでやっていたので一瞬釘付けになったが、二曲目の途中で早々に飽きてチャンネルを替えた。
一つ目の理由は、
結局カラオケ演奏なのに、なんであんなにノリノリのパフォーマンスで演奏するのか恥ずかしくなってきたこと。ナルシストの骨頂の図。
自分がもしもあの中でサックス持ってのけぞって吹くとして、それを見て喜ぶファンは、片手に満たないだろうなあ、とか想像してみたり(汗)。
二つ目はバンドメンバー間で丁々発止の有様の無い寂しさ。

プログラミングに時間も金もかけているだろうことは見て10秒以内に分かるのだが、ゆえに、まるで世界の終わりで3Dの美女を発明し侍らせている孤独な博士のようにみえた。(手塚治の火の鳥にもそんなシーンがあったな)
横にいたカミさんも「誰だか知らないけど、Tシャツ着たおっさんが一人で身をよじって演奏しているとこなんか見たくないんだけど」と(笑)。「これ、マニアの人しか面白くないよね~、マニアの人いるわけ?」と訊くので、そりゃあもうかなりたくさんの人がね、と答えた…。

by DAIROBARIBARI | 2014-05-20 22:35 | 大ARY  

<< ピンクボンゴツアー ダブルリップ奏法 >>