ヤマハ音楽教室

土曜日か…。今週も分刻みのハードワークでくたくた。でも働けることに感謝。
レッスン~スタジオ~レッスン~スタジオ~レッスン~イベント~レッスン~イベント~レッスン
その間、佐野聡の協力により史上初の音源付理論書の校正やら表紙デザインの検討、交渉、パイパーズ誌コラムの締め切りに追われ、一昔前ヒットした24のジャック・バウアーの動きのようなハードボイルドな毎日だ。誰も殺さないし、尋問も受けないが。
ふと顔を上げたら、目の前はピンクボンゴ秋ツアー「あいつらがまたやってくる」が目前に迫っている。なんてことだ。準備しなきゃ。

この2~3週間くらいの間で特に面白かったのは、CM録音でラバンバをアルトとドラムを演奏したが、その後また本録があり、その仕事が「ヤマハ音楽教室」だったこと。縁を感じ、佳い風を頂き、
楽しく「私の仕事」が出来て本望だった。
だって自分の音楽人生のスタートはヤマハ音楽教室からだったし、今は渋谷COCOTIで教えているし、ウェインショーターが使用する前からヤマハソプラノのファンで、現在はヤマハの総力を結集した白バリが愛器なのだから。

12歳の頃、恵比寿のヤマハ音楽教室に通い、腹が減るとビルの地下のライオンに行き、チキンライスを食べるのが楽しみだった。
合成皮革の椅子をドラム代わりにパラディドルをやっていると、ウエイトレスのお姉さんがよくその
チキンライスを奢ってくれた。
あの優しかったお姉さんは今頃どうしているだろう。









*~~~*~~~*~~~*~~~*~~~*~~*~*~~~*
[PR]

by DAIROBARIBARI | 2013-09-07 23:53 | 大ARY  

<< 故塚田宏氏幻のお誕生日パーティ 大路9月のライブ情報です。 >>