愉快痛快!本日のスタジオ仕事

「アルトサックスと、予備にテナー、そしてドラムでお願いします。」とインペグのTさんから
スタジオ仕事のオファーがあった。
アルトでラテンポップスの名曲をソロで吹くのだが、いろんなニュアンスを試すうちに、
「ところで、今回のCMの企業は何ですか?」と質問してみる。イメージは大事だ。
プロデューサーは***音楽教室です、と答えた。
え~~~~~~!!!

ただしここでは明かせない。守秘義務というものが有るから。
オンエアしたら白状する(笑)しかし奇遇というしか言葉が無い。

縁は異なもの。ひっくり返って驚いた。しかしその後は嬉々として演奏した♪♪♪
アルトでOKが出ると今度はドラムを叩いた。
アフロキューバンとロックテイストの二種類。ジャズ上がりのスタイルで良いのだと。
ドラムをやっている時の方がサックス吹いている時より楽しそうですね、と作家さん。
全くその通り。
レコーディング後に音源を参考にモデルが音を聴いて学習して振り付けるそうだ。
上手くやってくれよ。

ああ、痛快無比!♪♪♪
[PR]

by DAIROBARIBARI | 2013-08-07 02:06 | 大ARY  

<< 人生の特等席 8~9月のライブ・スケジュール >>