HELP ME WALK THE LINE

新曲を書いた。
いつもお世話になっているマー坊のお父さん、30年に及ぶALS(筋萎縮性側策硬化症)との闘病生活の末亡くなった塚田宏さんに捧げた曲だ。
6月の末に高田馬場HOT HOUSEでスカパラのTb北原雅彦氏とのデュオの演目の中で、そのスケッチの様な状態をまず披露というか実験した。そしてその数日後に高崎JAMMER'Sで和泉宏隆氏入りのピンクボンゴで初演した。
塚田さんは30年前にALSを発症して以後みるみるうちにあらゆる動作を奪われてしまったが、その後の彼の人生はその不屈の魂と家族の支えの両輪が揃って、30年間むしろ前進し続けた。
ALSの東京支部長にもなって、類いまれなこの難病支援のため世界を飛び回ったし、遊んだし、
自分のベッドの傍らにオレを何度も呼び寄せてサックスを吹かせた。そう、死ぬ間際も。
動かない身体でも幸せな日常を綴った映像が海外でフィルム賞を受賞した。難病専門の病院の
設立にも尽力した。介護ベッドと看護婦に囲まれて熱帯JAZZ楽団のコンサートも聴きに来た。
そんなアグレッシブな氏のおおもとになる原動力は一体何だったのか。

LET ME WALK STRAIGHT A HEAD
或いは
HELP ME WALK THE LINE
つまり、
しゃにむに、「オレを真っ直ぐ歩かせてくれ!」
そう願い続け、諦めず、人の手を無理やり借りてでも実行に移してきたのに違いない。

五体満足で生きていてもなおフラフラ過ごしている自分を律し戒める気持ちも込めて作曲した。

さっきまでデンゼル・ワシントン主演の「フライト」を観ていた。
機長役でトラブルに見舞われた旅客機を背面飛行の末、奇跡の胴体着陸させた、酒とタバコとドラッグと女漬けのデンゼル・ワシントンは一体英雄なのか悪役なのか。
この映画はそれをずっと我々に問いかける。
ラストシーンで、冒頭の飛行機が教会の建物の一部を損壊し地面に突き刺さるシーンの様にハートにガーンと迫った。

こんな時期に……まさにこの世は常に示唆に満ちている。
[PR]

by DAIROBARIBARI | 2013-07-19 03:18 | 大ARY  

<< 大路8月のライブ情報です。 スーパーマルチーズ満員御礼! >>