とは言ったものの…

テナーサウンドの真髄はオットーリンクメタルだ!と豪語したのも束の間、
名無しのカルテット(別名正座カルテット=お互いを尊敬しあっている関係等から)、発起人/浜崎航氏、雲井雅人氏、林田和之氏、私、のサックスカルテットでご一緒している雲井さんのフェイスブックで私のソロアルバム「THE MASTER」が取り上げられており、氏が絶賛してくれているのを見て、いとも簡単に約7年前のセッティングに戻してしまった(汗)
バリトンはあれから(セルマーとコーン12M)ヤマハになり、ソプラノはヤマハのままだが62から今のモデルを試奏中で、ただしマウスピースはそれぞれRPC125ラバー、ラニヨン6番と変わらず。
テナーはリンクの直前までRPC110 だったが、あの当時出会った105初期型に戻してみた。アルトもここ何年もブリルハートだったが、あの頃のMCグレゴリーに。…むむむ。
[PR]

by DAIROBARIBARI | 2013-04-05 00:56 | 大路マニアック情報  

<< レベルの維持 大路4月のライブ情報です。 >>